MT4自動売買 完全放置システム報告Blog

MT4自動売買 無料EA完全放置システム報告Blog

~Since 2016~ 自作EA最終バージョン「KHS 3000」備忘録も兼ねて報告ブログを始めます。押し目買い・戻り売りの5分足トレンドフォローDAY型、ナンピン・マーチン一切無しで普通に勝てます。 ※無料EAはじめました、シストレ放置プレイあります。

無料EA「KHS 3000」受付再開いたします

f:id:mt4ea_systemtrade:20171007084612p:plain

「KHS 2017」からの変更点

  • 使用期限の撤廃
  • パラメーター:Typeをdouble型に変更
  • パラメーター:TpTrを追加
  • パラメーター:xTPを追加
  • パラメーター:xSLを追加
  • パラメーター:TPを削除
  • パラメーター:SLを削除
  • パラメーター:Trailを削除
  • パラメーター:FOMCを削除

 

公開リアルフォワードもほぼ1年の好実績がありますので実態部分の変更は一切しませんでした。使用期限を撤廃してネーミングもいきなりですが2017から3000、KHSは完全放置システムの意味です。パラメーターを少し説明しますとTypeはこれまで1か2だったのですが、例えば1.5のように小数点以下が使えます。まあカスタマイズを考えた際にバックテストで遊べる程度の変更ですね。

ちょっと説明が面倒なTpTr・xTP・xSLですが、TpTrはテイクプロフィットとトレールの基本値で、TpTr値の何倍をテイクプロフィット値にするかがxTP、TpTr値の何倍をストップロス値にするかがxSLです。

これはバックテスト用EAで採用していた方法で、例えばストップロス値を決めるにあたり過去に最適だった何Pipsとピンポイントにするのでは無く、テイクプロフィット値の何倍がいいのかという観点である程度の制限をします。あえて過去の最適値をとらず、どの通貨ペアでもそれなり通用する共通の値を採用することで過剰最適化を避けているわけです。

数字の具体例としてはTpTrを10、xTPを1とすると10Pips順行で利確して終了。xTPを4とすると利確目標は40Pipsとなり、10Pips順行した時点で10Pips幅のトレールが発動します。xSL値はデフォルトが8で、TpTrを10とするとストップロスは80Pipsとなります。デフォルト設定では結果的に「KHS 2017」で使っている数字とすべて同じになります。

FOMCは使用していないパラメーターで削除となりました。だいぶ以前はサーバー時間の21時~0時も稼働していた経緯があり、その際はFOMC2日目のトレードはしない設定として使用していましたが、熟慮の結果この時間帯は外すことになっていた次第です。

 

f:id:mt4ea_systemtrade:20171011065801p:plain

 

 

 無料EA「KHS 2017」既存ユーザー様へは送付済みです

メールアドレス変更やその他の都合で届いてない場合があるかもしれません。「KHS 2017」ユーザー様で「KHS 3000」が送付されていない方はご連絡お願い致します。

 

 

 

 

無料EAはここから

Myfxbookのリアル口座フォワードと同じ業者を利用します。スプレッドや他の条件が違うという事が無く、どなたでも同じような収益を再現しています。

 

 

 

本日は訪問ありがとうございました。
応援クリック頂きますと嬉しいです!
スマートドラッグ