MT4自動売買 完全放置システム報告Blog

MT4自動売買 完全放置システム報告Blog

自作EA最終バージョン「KHS 20xx」、備忘録も兼ねて報告ブログを始めます。押し目買い・戻り売りの5分足トレンドフォローDAY型、ナンピン・マーチン一切無しで普通に勝てます。 ※無料EAはじめました、シストレ放置プレイあります。

MT4の複数インストール(複数起動)

1つめは普通にインストールしてある状態です。

f:id:mt4ea_systemtrade:20161106185232p:plain

 

 

2つめのイントール作業の前に、まず最初のアイコンの名前を変えます。これはアイコンが必ず初期の名前でインストールされるので、同じ名前で上書きされないための対策です。今回はシンプルに「TitanFX」と変更しました。

f:id:mt4ea_systemtrade:20161108174638p:plain

 

 

では2つめをインストールしていきましょう。インストーラをダブルクリックし、2つめ以降は「次へ」ではなく「設定」をクリックします。

f:id:mt4ea_systemtrade:20161106185651p:plain

 

 

この状態になりますのでインストールフォルダとプログラムグループに同じ文字列を加えます。

f:id:mt4ea_systemtrade:20161106190030p:plain

 

 

たとえば半角スペースに続いて「GBPUSD_1」を付け加えるとこうなります。オープンMQL5.communityウェブサイトは邪魔なのでチェック不要です。

f:id:mt4ea_systemtrade:20161106190853p:plain

 

 

「 次へ」をクリックします。

f:id:mt4ea_systemtrade:20161106191728p:plain

 

 

インストールを待ち、「完了」をクリックします。(クリックしなくても勝手に次へ進むようです)

f:id:mt4ea_systemtrade:20161108185020p:plain

 

 

次は自分の利用する取引サーバーがあればそれを選んで「次へ」、ログインIDとパスワードを入力します。もしも無ければ「キャンセル」して【ファイル(F)】→【取引口座にログイン(L)】としてサーバーを選びログインIDとパスワードを入力します。

f:id:mt4ea_systemtrade:20161108185718p:plain

 

 

MT4右下のステータスが次のように「回線不通!」から「10/0 kb」などの数字へ変わっていればログインOKの状態です。

f:id:mt4ea_systemtrade:20161108192108p:plain

  ↓↓↓

f:id:mt4ea_systemtrade:20161108192211p:plain

 

 

次に重要なのがアイコン名の変更です。2つめのアイコンもかならず初期ネームの「TitanFX MetaTrader 4」となってしまいますから、今回はインストールフォルダ名に付け加えた文字列の「GBPUSD_1」に変更します。これで2つめのインストールが完了しました。

f:id:mt4ea_systemtrade:20161108193634p:plain

 

 

この作業を繰り返し、完全放置システムでは6つのMT4を同時起動しています。
(2017年5月追記:現在はひとつのMT4ですべてをカバーしています。)

f:id:mt4ea_systemtrade:20161108202202p:plain

 

 

エクスプローラではこのようになりました。このようにMT4は複数インストール、複数起動が可能となっています。

f:id:mt4ea_systemtrade:20161108221705p:plain

 

 

 

 

mt4ea-systemtrade.hatenablog.com

 

 

 

 

 

スマートドラッグ